7歳息子の歯の生え変わり・グラグラしてきた乳歯が抜けました

この記事はプロモーションが含まれています。

こんにちは、うなです。
忙しい生活の中で小さな変化がありました。そう、7歳の息子の「歯の生え変わり」の時期が訪れたのです!ついに!!

今回は、息子の初めての歯の生え変わりについて、私たち家族が経験したこと、感じたことをシェアしたいと思います。

息子の歯の生え変わりを通じて、また新たな子育ての章が始まった感じがします。

乳歯から永久歯へ

生え変わりの時期

一般的には6歳から7歳の頃に始まるようです。この時期に最初の永久歯が生え始め、乳歯が自然に抜け落ちていきます。最初に抜けるのは通常、前歯(切歯)で、その後徐々に側面の歯へと生え変わりが進みます。
全ての乳歯が永久歯に生え変わるプロセスは、約6歳から12歳までの間に起こり、この時期には計20本の乳歯が永久歯に置き換わります。

乳歯がグラグラしてきたら

息子の乳歯がグラグラしはじめ、とても気になるようで、歯医者さんに行こうかとも迷ったのですが、基本的には自然に抜け落ちるのを待つのが一番のようです。
無理に引っ張ったり、押したりせず、そのままにしていましたが、、どちらかというとぶつかって不意にぽろっと取れたようです、、汗

乳歯が抜けた後は

血がだらだらでるので何度か唾をはきにいかせ、しばらくすると自然におさまっていました。よかったー。
出血が治らない時は清潔なガーゼや布を抜けた歯の場所に優しく押し当て、数分間圧迫すると良いそうです。
抜けた歯の箇所はさけながら歯をブラッシングしました。

息子の場合は、抜けた歯の場所に永久歯が少し生えている状態でしたので、そのまま生えてくるのを待とうと思います。
抜けた乳歯の周りの永久歯が見え始めるまでの期間は、定期的な歯科検診が推奨されていますので、近々歯医者にいってきます!

抜けた乳歯はどうする問題

これに関しては家庭によってさまざまですので、答えはないです。
うちの場合は抜けた乳歯、ふつうに捨てようと思っていたのですが、なんと検索していると乳歯ケースなんてものが出てきました。
抜けた乳歯を清潔に洗って、記念にとっておく感じですね。(ちなみに私の子供の頃は屋根や下に向けて外に投げていました。)
見てみると可愛いデザインのものが多く、だんだん欲しくなってきて結局ポチりました笑
霧箱は通気性がよく長期間の保存に向いているので、霧箱のものを購入しました。
迷いに迷ったのが以下の3つです。歯の形のはめっちゃかわいいーーーと思ったのですが、場所をとらなさそうな一番下の乳歯ケースにしました!🦷

まとめ

子供と一緒にどこの歯が抜けたねーと喋りながら、乳歯ケースをコンプリートしていくのが楽しみです!コンプリートできなくてもそれはそれで思い出になりますもんね。
今はSNSなども発達して、子供の成長をシェアする時代なのかもしれないですね。

それではまた!うなでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA


CAPTCHA